お買い物に行ったら見つけました。
菜の花。春の香り、ほろ苦がさ。大好きななんです。
フワフワお豆腐の白和えにしました。
mba018 (87 - 39)

菜の花の上手な茹で方

菜の花はちょっと歯ごたえが残るくらいが美味しいですよね。
茹で時間が長すぎちゃって、フニャフニャになってしまわ無いように。
茹で方のコツ。

point
茎と芽を分ける。

硬めの茎の部分と火が通りやすい芽の部分を切り分けます。
mba018 (68 - 39)
point
茎から茹でて、芽の部分はさっと湯を通すくらい。

mba018 (69 - 39)
塩を入れて沸騰した湯に茎の部分から茹でます。
茹で時間目安45秒。(細いものは30秒目安)
mba018 (71 - 39)
時間が来たら芽の部分を追加して15秒。

point
すぐに冷水にとる。

茹で上がったら湯を切りすぐに冷水に取ります。
mba018 (72 - 39)

楽チン!フワフワお豆腐

フワフワなお豆腐を作るのに便利なのがこれ!
泡立て器〜。
mba018 (73 - 39)
潰してグルグル混ぜていると
あっという間に、フワフワ滑らかになります。
mba018 (74 - 39)
驚くほど楽チンなので是非試して見てくださいね〜。

春の味♡菜の花の白和え
line_03
mba018 (91 - 39)
いろんな白和えがあるけれど、私の中での具材でマストはコンニャクと人参。
とろとろフワフワなお豆腐の中にこのコンニャクの弾力と人参のシャキシャキ
とした歯ざわり食感が大好きなのです。

でも、コンニャクを細かく切るのとか面倒なので、
キンピラ用のコンニャクを使います。
mba018 (60 - 39)

下ごしらえと下味 一手間で美味しさアップ!

コンニャクは茹でて下ごしらえしておくと、
臭みも抜けて、味が染み込みやすくなります。
mba018 (63 - 39)
下ゆでしたコンニャクと人参には下味をつけておくと
食べた時にも味のバラツキが少なく美味しさがアップ。
煮て、少し冷ましておくと味が染み込みます。
mba018 (66 - 39)

mba018 (97 - 39)
すりゴマもたっぷり入れて、春の菜の花のほろ苦さ、香りを
優しいお豆腐が包み込んだ白和え。
これを食べると、今はまだ寒いけど、春が近づいて来ているな〜って思います。

RECIPE illust_61材料4人分 illust_05調理時間 15分

line_06
・絹ごし豆腐‥‥‥1丁 菜の花‥‥‥100g
キンピラ用コンニャク‥‥‥100g人参‥‥‥1/2本

下味用調味料
水‥‥‥100cc           
醤油‥‥‥大さじ
みりん‥‥‥大さじ1           

味付け用調味料

醤油‥‥‥大さじ1
        ・砂糖‥‥‥大さじ1
すりゴマ‥‥‥大さじ2

line_03
1、人参は千切りにします。
2、コンニャクは熱湯で下茹でします。
mba018 (61 - 39)mba018 (64 - 39)
3、鍋に人参、コンニャク、下味用の調味料を入れ煮て、
  冷まして味を染み込ませます。
6、菜の花を茹で、水気を絞っておきます。
5、豆腐は泡立て器で滑らかになるまで潰します。
mba018 (65 - 39)mba018 (78 - 39)
5、豆腐に下味をつけたコンニャクと人参の汁気を切り加え、
  菜の花、味付け用調味料を加え、和えます。
mba018 (80 - 39)mba018 (81 - 39)

line_06
レシピブログさんの「世界一楽しいわたしの台所」にてご紹介していただきました。


お料理YouTuber SHIMAのチャンネルはコチラ! 
簡単でお洒落なのに節約なレシピをわかりやすく♪

yt2017_6_リンクバナーのコピー
SHIMA's Simple Cooking TV/シンプルクッキング

line_06

「ぽちっ」としていただけたらとってもうれしいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ