ゴールデンウィーク終わっちゃいましたね〜。
明日からまた頑張ろう!
今日は山菜でお料理。
ts01 (110 - 99)
このゴールデンウィーク中に素敵な贈り物が届きました。

新潟で旦那様と居酒屋さんをしていて、元板前さんでお料理ブロガーでもある
板ママさんから新鮮な山菜がっ!

おやすみ最終日は山菜祭りで過ごしました。
ts01 (65 - 99)
ラインナップは「こごみ」「うるい」「コシアブラ」「たらの芽」
福岡はだいぶ暖かくなって旬がすぎてしまっているけど、
新潟ではまだ採れるんですね〜。
もうひととき、春の訪れの余韻を楽しむことができました。

山菜シリーズ第一弾はコシアブラから!

山菜の女王 コシアブラ

ts01 (62 - 99)
まだまだ知名度は低く、タラの芽の様に栽培が普及していないそうで、
天然物は稀少だそうです。

コシアブラ
タラの芽やウドと同じウコギ科の木の芽の部分を山菜として食用に採った物。

名前の由来は、かつてこの木の樹脂(あぶら)を絞り、濾したものを
漆(うるし)のように塗料として使われていたからだそう。

春に一斉に枝の先から芽を吹き出してきます。その芽が食用となり「山菜の女王」とも呼ばれる。

開いたばかりの若葉は美しい透き通るような黄緑色で、油を感じさせるような艶がある。
季節を感じさせる独特な香りが特徴。

参照:旬の食材百科

コシアブラの下ごしらえ

ts01 (66 - 99)
春から初夏にかけて芽吹いて、
東北では5月初旬頃から下旬頃にかけてが旬となるそうです。
透き通った綺麗な緑色の葉がとっても素敵でした。

下ごしらえ
天ぷらなどの場合は、生のまま揚げる。それ以外はアク抜きが必要。
■水に対し2%の塩を加え沸騰させ、2分~3分茹でてすぐに冷水に入れ、
しばらく水にさらしておく。
ts01 (78 - 99)ts01 (79 - 99)
参照:旬の食材百科


コシアブラと蟹のおひたし
line_03
ts01 (113 - 99)
ほろ苦く、春の香りに蟹の旨味を合わせておひたしにしました。
なんとも言えない香りがたまらなかったです。

めんつゆ活用で簡単おひたし

ts01 (93 - 99)
さっと作れる副菜にオススメなのがおひたし。
めんつゆを利用すると味付けの失敗も少なく手軽に作れます♪

・めんつゆ(4倍濃縮)‥‥‥大さじ2
・水‥‥‥100cc

ほうれん草や小松菜など、他のお野菜でも活用できるのでオススメです。
お野菜の量の目安は100gくらい。
ts01 (112 - 99)
RECIPE illust_61材料4人分 illust_05調理時間 8分(漬け込み時間を除く)

line_06
・コシアブラ‥‥‥80〜100g目安
・めんつゆ(4倍濃縮)‥‥‥大さじ2
・水‥‥‥100cc
・カニ缶 1缶(固形量55g)


1、コシアブラは1リットルの水に小さじ2杯の塩を入れ沸騰させて、
2〜3ふん茹で、冷水にとって色止めししっかり水気をきり、
3センチほどの長さに切ります。

2、清潔な保存容器に水とめんつゆを入れます。
3、②と蟹缶を汁ごと加え混ぜ、1時間ほど漬け込んで味をなじませます。
ts01 (93 - 99)ts01 (95 - 99)
line_06
レシピブログさんの「世界一楽しいわたしの台所」にてご紹介していただいてます。


お料理YouTuber SHIMAのチャンネルはコチラ! 
簡単でお洒落なのに節約なレシピをわかりやすく♪

yt2017_6_リンクバナーのコピー
SHIMA's Simple Cooking TV/シンプルクッキング

line_06

「ぽちっ」としていただけたらとってもうれしいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ