mm2018 (80 - 30)
今日はイングリッシュマフィンのレシピをお届けなわけですが、、、。
そう、イングリッシュマフィンなわけですが、、、。

line_06
先日、文具屋さんでこんなノートを見つけました。

「BUCKET LIST」といって、
死ぬまでにしたい100のことを書き留めるためのノートだそうです。
1ページに1つ夢を描くというノートだそうなのですが、
それを見ていてふと思ったんです。

私のやりたいことって何かな〜って。
でも100個も野望は浮かばない(いやいや、「やりたい事」ですよ。)

ノートはこんな感じのでした。もし興味ありましたら〜。

で、イングリッシュマフィンのお話に戻ります。

line_06
マフィンの存在を知ったのは朝◯ックのエッグ◯ックマフィン。(◯にしてもすぐわかるのね)

朝だけ限定のいつものバンズと違うフカフカでカリッともっちりとした
そのパンにすっかり心を奪われてしまったのです。
mm2018 (89 - 30)
で、朝でだけしか食べれないので、
食べたい時に食べれるように、当然お家でも再現してみよ〜っ!
ってなるのですが、スーパーにイングリッシュマフィンを買いに行って見ると、、、

ある時に出会えたらラッキー♪
入荷数少ないのに結構人気があるのだな。
(私みたいな人がきっとたくさん)

結構売り切れのタイミングが80%くらい。チーン。(ToT)

イングリッシュマフィンじゃないとできないあのレシピ。
イングリッシュマフィンじゃないと食べれないあのバーガー。

どんどん恋心が募るのです。
食パンマン様ではなく、私の心はイングリッシュマフィン様♡。

私の死ぬまでにしたいこと100のリストに殿堂入りしたのが
お家でイングリッシュマフィンを作ること。

もう、ガチで夢となっていたのです。
随分と前から。

あの形を作るにはどうしたらいいの?
あぁ、たくさんのイングリッシュを焼いて見たいぜ〜っ!

これから攻略への日々が始まったのであります。
が、
あっという間に解決しました(笑)

line_06
「BUCKET LIST」を見て自分の野望を思い出し、
ふらふら〜とcottaさんのサイトをパトしておりましたら、見つけた♡
mm2018 (60 - 30)
素敵〜っ!これ、これ、これ〜っ
イングリッシュマフィンの為に生まれてきた型。
もしかして1度に6個も焼けちゃうヤツ。

憧れのお家でエッグ◯ックマフィンが6個。えぇ6個もできちゃうのぉ〜。
そんなに食べれない〜っ謙遜してみたり

てか、やっぱり、ノート買ってみようかな〜。
思い出したのこのノートきっかけだったし、
こんなに早く叶うなら、100の野望を、、、ウシシシシ
(いやいや、「やりたい事」ですよ。もう一回いうけど。)


と、いう事でおまたせいたしました。
イングリッシュマフィンです。

ワンボウル!手捏ねで作れるイングリッシュマフィン
line_03
mm2018 (84 - 30)
そもそも、面倒ぐさがりでお菓子とか測りものはめっぽう苦手なので
今回はワンボウルで作ります!

ワンボウル!手捏ねで作る!イングリッシュマフィン

mm2018 (65 - 30)
バターはレンチンで溶かしておいて、あとは全部の材料をボウルに入れます。
最初はお箸でぐるぐるっと生地をまとめるのがポイント。
手に引っ付かなくなるまで手でこねて行きます。
ここまで20分くらい。

あとは、
一次発酵を経て形成。ちょっとおやすみタイム
ちょっと時間はかかるけど、
タイマーかけておけば基本ほったらかしになるので楽チンです。
mm2018 (67 - 30)mm2018 (69 - 30)
コーンミールをつけて型に入れて二次発酵。
mm2018 (74 - 30)
型の、8割程度の高さまで発酵したら、
予熱完了したオーブンに入れ、180度で13~15分焼いたら完成♪
mm2018 (79 - 30)
うはぁ♡焼けました〜。
ここまでできたら憧れのお家でエッグ◯ックマフィンも♪
今回の具材は卵焼き、カリカリに焼いた豚バラスライス、前日のあまりのポテサラ、
チーズにレタス。
野望!叶いましたっ!(やりたかったことね、、、)
mm2018 (64 - 6)
イングリッシュマフィンのレシピはcottaさんのサイトにのっけてます。ポチッと。

line_06
今月はレシピブログさんの「世界一楽しいわたしの台所」にてご紹介していただいてます


お料理YouTuber SHIMAのチャンネルはコチラ! 
簡単でお洒落なのに節約なレシピをわかりやすく♪

yt2017_6_リンクバナーのコピー
SHIMA's Simple Cooking TV/シンプルクッキング

line_06

「ぽちっ」としていただけたらとってもうれしいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ